このサイトにはプロモーションが含まれています

新型出生前診断でわかることは?どこでやれる?|血液検査だけのNIPT検査

2024年1月19日高齢出産、育児

新型出生前診断(NIPT)は、採血だけで赤ちゃんの染色体異常や遺伝的な疾患を診断できる画期的な検査方法です。

この記事では、NIPT検査が何を教えてくれるのか、どこで受けられるのかについて詳しく解説します。

この記事を書いた人
マージ
マージ

5歳女の子と楽しく暮らす方法を模索しています。
統合失調症歴20年以上。色々乗り越えて今は寛解。
婚活成功者でもあります。
SEO検定3級、スイーツコンシェルジュ資格持ち。

新型出生前診断(NIPT)とは

新型出生前診断(NIPT)は、Non-Invasive Prenatal genetic Testingの略称です。

NIPTとは“無侵襲的出生前遺伝学的検査”のことで、胎児の染色体疾患の有無を検査する出生前検査法のひとつです。“母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査”と呼ばれることもあります。現在、わが国で行われているNIPTで分かる病気は21トリソミー症候群(ダウン症候群)、18トリソミー症候群、13トリソミー症候群と呼ばれる3つの染色体数的異常症です。

母親の血液の中には、一定の割合で胎児のDNAが循環していることが分かっています。NIPTは、母親の血液を採取することにより、胎児が21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーのいずれかであるか否かを高い精度で判定します。

メディカルノート

染色体疾患を有する可能性が高い(陽性)か低い(陰性)かを判定する「非確定検査」ではありますが、血液のみで判定できるため、母体の負担が少ない検査方法です。

どこで検査ができるのか、くわしく書いていきたいと思います。

DNA先端医療株式会社

DNA先端医療株式会社はNHKの「クローズアップ現代+」でも特集を組まれたNIPTの専門機関。

世界の基準に合わせ希望したすべての妊婦様がNIPT検査を受けられるサービスを実施、検査後のアフターフォロー・医療連携に力を注いでいます。

認定遺伝カウンセラーが在籍しており、無料で認定遺伝カウンセラーと相談ができます。

特徴が

  • ネット予約できる
  • 近くの医療機関で受けられる
  • 当日予約、当日検査ができる
  • 羊水検査無料

となっております。

ネット予約できる

24時間いつでもネットから予約できます。

近くの医療機関で受けられる

お住まいの地域で行きやすい医療機関を選べます。

エリアクリニック数
北海道・東北5
関東23
中部13
近畿15
中国・四国7
九州・沖縄12

くわしい医療機関は公式サイトをご確認ください。

当日予約、当日検査ができる

当日でないと予定が分からないという人、急いで調べたいという人のために、当日予約、当日検査ができます。

羊水検査無料

陽性だった場合確定的検査(絨毛検査や羊水検査)にうつりますが、そちらの費用は無料です。

Q&A

検査はいつまで受けられますか?

DNA先端医療株式会社では、6週目から検査が可能です。

15週6日までの受検を推奨。32週目までは受けられます。

検査の日はどれくらい時間がかかりますか?

来院後、15分~30分くらいのようです。

まとめ:新型出生前診断は血液検査でできる

新型出生前診断はどのように受けられるか紹介しました。

今は母胎の負担が少ない血液検査のみでできます。

受けるべきかどうかは個人の判断になりますが、こういう方法があることだけでも知っておいてください。

妊娠中のおすすめ飲み物

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ