38歳で運命の出会い
高齢喪女からの逆転
統合失調症を克服して社会復帰し、婚活を経て最高の夫と結婚した女のブログ
喪女の過去、婚活

子供部屋おじさん子供部屋おばさんとは独身実家暮らしのこと。嫌われないための心がけ

うちの弟はニートだけど、両親に尽くされまくってるのにその快適さに気づかず生活に不満ばっかりです。

そういえば、子供部屋おじさんとか子供部屋おばさんとかいう言葉がありますけど、弟は完全に子供部屋おじさんなわけで。

子供部屋おじさん(こどもべやおじさん)とは、成人しても親元を離れず、実家の子供部屋で暮らす中年独身男性のことを指すインターネットスラングである

Wikipediaより

私も結婚前は子供部屋おばさんでしたが、実家暮らし女性って色んな方向からケチつけられるから、結婚して早く抜け出さなきゃって思ってた。

でももしかして男性って、そういう圧力あんまりないのかな?

今日は、実家住まいのメリットデメリット実家に慣れすぎることの危険性について書きたいと思います。

独身実家暮らしのメリット3つ

子供おじさん

独身で実家に住んでいると蔑まれることがありますが、メリットは確実にあります。

職場が近くて家族との関係が良好なら、出ない方がいいというのが正直なところ。

出なくていい環境にあるなら、このメリットを享受しましょう。

お金を貯めやすい

なんといっても家賃がないというのは大きいです。

実家にお金を入れるとはいえ、家賃ほどの金額を入れている人はあまりいないでしょう。

貯金をするには最高の環境。

ここでしっかり貯めておくことができれば、その後の人生で色々と役に立ってくることがあります。

自由に使えるお金が多いからといって好き放題使うのではなく、しっかり貯めておけば、いつまで実家住んでんの?などと言われても「いえ。お金貯めてますから」と後ろめたくないです。

家事が最小限

ご飯、洗濯、掃除をすべて自分でやる必要がないのも大きいですね。

働いていて一人で全部やるというのはかなりきついですが、ある程度は親がやってくれる環境、とてもありがたいです。

ただ気をつけるべきなのは、やらなくて済むからと言って、自分では何もできないというようなことにならないことです。

また、病気になったときもやらなくてはいけない家事が少なく、集中して回復に努めることもできます。

防犯性が高い

家を空にする時間が少なく人目が多いので、空き巣や押し込み強盗の可能性は減ります。

特に女性は、一人暮らしでの危険が高いので、実家を出るのに躊躇してしまう部分はありますよね。

最近は本当に物騒だから、一人暮らしする必要がないなら親と住んでいた方がいいです。

自分だけが安全なわけでなく、親を狙った犯罪も気づいて回避できる可能性も高いです。

実家暮らしのデメリット3つ

おじさん

いいこともありますが、もちろん悪いこともあります。

金銭感覚が分からない

家賃を払ったり、生活費を自分でやりくりしていないため、生活するにはどれくらいのお金がかかるのか身につきづらくなります。

そのため、自由気ままにお金を使ってしまって、いざというときにお金がない! ということも。

そのまま実家を出ることになったら、やりくりできなくて生活できなくなる可能性もあります。

家族との関係

さんざん世話になっている家族ですが、他人なのですべてが同じ考えというわけにはいきません。

ちょっとした言動にストレスを感じるようになってくることもあります。

また、ストレスを感じつつも親が色々やってくれる環境に慣れすぎると、色々便利なのが当たり前になって、家族のおかげで楽できているのに不満ばかりになっていったりもします。

婚活に不利

私も実家暮らしで婚活していましたが、食事は誰が作ってるの? という話になることは多かったです。

私の場合、実は料理はできたんですが、日常の食事は母に頼っていたためたまにしか作らなかったので「料理はできますよ。やらないだけです」と言ったら爆笑されましたね。

「いいな。俺も言ってみたい。できるけどやらないだけですって」とめちゃくちゃバカにされましたから、婚活で不利になるのは間違いないです。

男性は料理を日常的にやらないこと自体はそれほど不利にはならないですけど、マザコンと認識される可能性はありますね。

実家に慣れすぎることの危険性

実家で暮らす便利さが当たり前になると、取り返しのつかないことになることがあります。

気をつけた方がいいことも書いておきます。

上の方でも書きましたが、お金はしっかり貯めておき、やろうと思えば自分でも家事ができるようにしておかないと、一人暮らしすることになったとき、また、結婚して出て行くことになったときに問題になります。

女性は料理できないと、一人暮らしなら食費がかさむし、結婚したのなら夫に料理を求められることも、今はまだ多々あります。

実家にいるうちにたまには料理を作って、味の感想を家族に求めておいた方がいいと思います。

男性は、料理できないこと自体がそれほど問題にならないとしても、妻が料理して当たり前、掃除洗濯して当たり前、という感覚だと結婚後にかなり問題になってきます。

妻が家事をできない状況に陥ったとき、「実家なら全部完璧にやってくれたのに」などと思ってしまわないように。

実家で完璧にやってくれた人はお母さんです。奥さんはお母さんじゃないので、あなたの面倒を見て当たり前な人ではありません。

すみません。私が↑これを言いたい相手は正直、ブログ読者のあなたではなく弟です。

会うたびに母にぶつくさ文句言って色々要求してて、結婚するとしたら相手は大変だろうなと思っています。

婚活で男性が実家暮らしだった場合、女性が相手に持ちやすいイメージはまさにこれです。

一から面倒見なきゃいけないんだろうな…となるので、実家暮らし男性は婚活で敬遠されやすいのです。

とりあえずその辺を自覚して、気をつけていただければきっと大丈夫です。

実家暮らし独身まとめ

というわけで、自らも子供部屋おばさんだった私が、実家暮らしの注意点などまとめました。

私の実家にはまだ子供部屋おじさんがいますが、今後どうなるのか気になるところです。

子供部屋おじさんと言って嘲笑われるおじさんの特徴そのものなので、どこかで心を入れ替えてくれればいいのですが。

まぁ、弟の場合は結婚できるとはとても思えないのですけどね…。

 

\\結婚して子供部屋おじさん(おばさん)から抜けだそう!//

オンライン完結サービス!スマホの結婚相談所

 

それではまた!

 

マージ
マージ
ツイッターフォローしていただけると嬉しいです

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ