38歳で運命の出会い
高齢喪女からの逆転
統合失調症を克服して社会復帰し、婚活を経て最高の夫と結婚した女のブログ
喪女の過去、婚活

高齢喪女が抱くセッ○スへの憧れはBLに向かう?36歳まで喪女だった女の場合

喪女

私は、今でこそこんなに平和に幸せボケしてますが、男性と初めてつきあったのは32歳、初めて性体験をしたのは36歳、と生粋の喪女でした。

喪女だった頃、心から「セッ○スしたい」と思っていました。

マージ
マージ
神様、どうか死ぬまでに一度は好きな男性と行為に及べますように…

と願っていました。

こういう人は少ないのだろうか…

女なのに、こんなにセッ○スしたいばっかり思っているのはおかしいのだろうか…。

そう思っていた私は、よく同じ境遇の人を検索して調べていました。

大体見つかるのは、

女性
女性
22歳ですが性体験がありません。
女性
女性
27歳ですが彼氏ができたことありません。

とかの

マージ
マージ
まだまだこれからじゃん!!

みたいな人ばっかりだったり、知恵袋などで高齢の人が、「年齢=彼氏いない歴」と言ってると思えば、

???
???
よっぽどブスなんですね!

などと暴言を吐かれていたりして、自分が言われてなくても心えぐられたりとか(男性かどうかは分からないけど発言内容的に男性のイメージ)

処女です、と言ってる人がいたとしたって、その人が「セッ○スしたい」と思っているかはさすがにネットには書かないだろうし、同じ悩みを抱えているかは結局分かりませんでした。

マージ
マージ
私、もしかして女にしては性欲が強すぎるんだろうか…



エロ系コンテンツに興味津々

ぶっちゃけ、エロ漫画とかエロ動画とかめちゃくちゃ興味ありました。

でも、女である以上、エロ漫画を買うわけにもいかない。

ネットでエロ動画なんか見たりして、次の日突然死ぬようなことがあったら、閲覧履歴見られるんじゃないか…。

などと考えて、なかなかそういうものを見ることはできませんでした。

そんな私が、女の自分でも見て大丈夫なエロコンテンツとして見ていたのは、

BLでした

BLが良かった理由

BLが面白いと思えたのは、基本的に女性向けであるという以外にも理由がありました。

それは、女性の恋愛が描かれていないからです。

恋愛に縁遠い私は、作品の中で幸せそうにしている女性の姿すら、直視できませんでした。

男性同士なら、幸せそうにしていても、自分が介入する余地はないので、違う立場からの目線で見ていられました。

なので、BLは大好きでした。

はい。過去形です。

結婚後興味なくなったBL

なぜ過去形になったかというと、結婚したら全く読みたいと思えなくなったからです。

人生で一番好きだったカップリングの同人誌も、引き取ってくれる方が見つかったため、全て手放しました。

商業BLは、いくつか思い入れの深いものだけ残してあります。一切読んでませんが。

同時にエロコンテンツへの興味も、BLへの興味と同じように冷めていきました。

本当に単純に「エロコンテンツの代替としてBLを消費していた」だけだったんだなと思います。

初体験が遅いと依存症になる???

実は、その昔ネットで同じ境遇の人を探していたときに、まことしやかにささやかれている説を見ました。

それは、「初体験の年齢が遅いと性依存症になる可能性が高い」というやつでした。

私はこれを見て、

マージ
マージ
そうなのか…。私そうなるのかな…

と一抹の不安を覚えておりました。

こんなに性欲が強いんだから、実際に体験したらやめられなくなるのかな、などと思いました。

結果は

マージ
マージ
むしろ一切なくなったわ。ウソばっかり言いやがって

という感じでした。

現在はレス

実は私たち夫婦、現在完全にレスになってます。

娘の妊娠発覚後、一切しておりません。

やりたいという気持ちもありません。

あんなに強かった性欲がなくなってしまいました。

私は単純に、手の届かないものに憧れていただけだったんだなと思います。

というか、心が満たされているとそういうのどうでもよくなるのかな?

喪女だった頃の私に思うこと

喪女時代、初体験することがないまま死ぬことがとても恐怖でした。

時々、デパートとかに入って、きれいな女の子がいっぱいいる売り場に行ったとき、ふと

マージ
マージ
この中で経験がないのは私だけかもしれない

と思って急に息苦しくなることがありました。

もし今、タイムマシンで過去に帰って自分に声をかけることができるとしたら

「大丈夫だよ。幸せになれるからね」

って言うと思います。

声をかけるだけでなく、過去のどこかに戻って人生やり直せるとしたら、私は絶対に戻らないです。

全ての過去があってこその現在だと思うから。

あの、セッ○スに憧れていた頃も、必要だったんだと思います。

全ての苦労はここに繋がっていたんだな…と思えば、こんなことにあんなに憧れていたアホな自分もいとおしくなってきますね。

現役喪女の方へアドバイスできるとしたら

あ。もし、今同じように悩んでここにたどり着いてる方がいたとしたら、一つだけアドバイスさせてください。

それは、

誰でもいいとは思わないでください

ということ。

経験がないことが恥ずかしくて、適当な人とやってしまおうかと思っているようでしたら、絶対にやめてください。

実は私、初体験の相手は夫ではありません

あのときのことは私にとって黒歴史でしかありません。

黒歴史だけど、上に書いたとおり消したい過去ではありません。

あれがあったから夫とスムーズに結婚できたと思っているし。

でも同じ思いはできればしないでほしいです。

だから言います。自分を大事にしてくださいね。

終わりに

私は今幸せです。

喪女だからって、一生喪女なわけじゃない。

私は「一番モテるはずの若い頃に恋愛できなかったのに、今後できるわけがない」と思っていたけどできました。

今喪女の人も、いつか「こんな風に思ってたこともあったなぁ」と思える日が来ると思います。

その日のために毎日がんばって生きましょう。

 

それではまた!

 

マージ
マージ
ツイッターフォローしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ