38歳で運命の出会い
高齢喪女からの逆転
統合失調症を克服して社会復帰し、婚活を経て最高の夫と結婚した女のブログ
40代夫婦の日常

立体型布マスクを作ってみた!2つのサイトの型紙でやってみたよ

立体布マスク

マスクの品薄状態が続いていますね。

実は我が家は、コロナが問題になってから一度もマスクを買っていません。

私がほとんど家にいるからマスクは必要ないのと、夫の会社は少人数しかいないので、最初の頃はマスクせずに出かけていたからです。

でも最近はマスクをつけて仕事に行くようになり、コロナ前に買ってあったマスクも残り少なくなってきました。

マージ
マージ
用意しておかなきゃな…。でも売ってないって言うしな…

と思ったんですけど、私はふと思い出しました。

マージ
マージ
そういえば、2年ほど前にミシンにハマったときに買った布が結構余ってたっけ…

というわけで、布マスクを作ることにしました。

nunocoto fabricさんの作り方でやってみた

まず作り方を検索すると、トップにnunocoto fabricさんが表示されました。

20分で作れるとのことなので、作ってみます。

細かい行程は書きませんので参照元サイトをご覧ください。

型紙を印刷して布をカット

サイトから型紙を表示してプリンターで印刷。

マスク型紙

表地はこの型紙の大きさで、裏地は点線のところで折って使うみたいです。

裁断

私はおおざっぱなので、チャコペンで型を写し取る課程を飛ばして、型紙つけたままで切ってしまいます。

また、おおざっぱなので、事前にアイロンもかけず布はしわしわ。

マージ
マージ
よい子はマネしないでね



ミシンをかけてアイロン

縫う

表地2枚と裏地2枚をそれぞれ曲線のところを縫って1枚ずつにします。

縫いしろは広げてアイロン。

ここのアイロンは重要なのでしっかりやります。ついでにしわしわも直しました。

そして、上下を中表に縫ってひっくり返します。

縫った

こうなりました。ここできれいにアイロンをかけます。

更に、上下の布端を縫って形を整えます(ステッチと言います)

そして、あいていた耳側を2回折ってゴム通しを作って完成。

マスク

できたー。………ん?

マージ
マージ
ちょっと上下が短いような…?

nunocoto fabricさんのマスクつけてみた感想

ゴムを通して、つけてみると、じっとしてればジャストサイズなのですが、ちょっと口を開けたりして動くと、あごが出るような気がします。

つけて歩いてみたら、少しずつズレてきてあごが気になって何度も直してしまいました。

多分平時なら普通に使えると思うのですが、現在のコロナウイルスを警戒している状態では、直すために顔に触れてしまうのはあまり良くないような気がします。

nunocoto fabricさんのサイトは、見た感じコロナの話が出る前に書かれたページのようなので、想定しているのは花粉用なのではないかな?

また、女性用とはっきり書かれているので、ちょっと小さめなのかもしれません。

次は拡大してやってみますね。

 

nunocoto fabricさんありがとうございました。

れいっちょさんの作り方でやってみた

上記のサイトを見てマスクを作成しているとき、ツイッターのタイムラインにこのようなツイートが流れてきました。

マージ
マージ
おっ。タイムリー

型紙を印刷して布をカット

次はこちらを作ってみよう、と思い、れいっちょさんのブログに飛んで型紙印刷。

裁断

この作り方では、表布と裏布は同じ大きさのようです。

例によって型紙を貼ったまま切ります。

マスク布

しわくちゃですw

ミシンをかけてアイロン

縫う

曲線部分を縫い、縫いしろは広げてアイロン。

そして上下を中表に縫ってひっくり返します。

縫った

ここまでnunocoto fabricさんと作り方一緒ですね。

ここからちょっと変わってきます。

nunocoto fabricさんは、上下のステッチをやってからゴム通しのところを縫うようですが、れいっちょさんの作り方では、ステッチしながらゴム通しを同時にやってしまうようです。

マージ
マージ
なるほどー。確かにその方が一発で終わるな

と思いつつ縫ってた私。

間違い
マージ
マージ
間違えた…

分かりますかね。

写真上部の縫い目は90度曲がって縫い続けてるのに対し、下の縫い目は端の方まで通り過ぎて行ってしまいました。

勢い余って、ゴム通し部分の布を折らずに縫い続けてしまったのです。

マージ
マージ
なかなか完璧にはできないな…

でもうちで使うマスクなので気にしないことにします。

マスク

右側のマスクは失敗なくきれいにできました。

ゴムないからつけられないけど感想

nunocoto fabricさんのマスクより明らかに上下幅が長く、顔を触らないで済みそうです。

コロナ真っ最中の今は、れいっちょさんの作り方の方がいいかもしれません。

nunocoto fabricさんを否定するわけではありません。今回は用途が違うかな?という感じです。

ゴムがないので、まだつけられないんですが、市販の立体マスクと同じような形に仕上がっています。

ゴム届いたら追記しますね。

 

れいっちょさんありがとうございました。

手作りマスクまとめ

ゴムは多分今日明日には発送してもらえると思います。

こちらで買いました。即納だそうなので。


【即納】マスクゴム 5メートル平 痛くなりにくい マスク用ゴム マスク紐 日本製 ゴム ゴム紐 ひも 洗える 繰り返し 個包装 手作り マスク 子供用 マスク用 子ども こども 大人用 女性用 国内発送 白 手芸 平ゴム5m

布マスクの効果は実証されてはいないようなのですが、飛沫が飛ぶのを防ぐ効果くらいは期待できるはずです。

余り布があったらやってみるのもいいかもしれません。

余り布と言っても、手芸店で売ってるようなしっかりしたものではなく、着古したTシャツとかでもできるので、自宅で使うならそんなにいい布にこだわらなくてもいいですよ。

赤ちゃん用のガーゼとかを使う人が増えているようですが、そういう「本当に必要な人がいる」タイプのものを使うのは避けていただけるようお願いいたします。

こんな大変なときに憎しみ合うのは避けましょう。

私も身近な人には作ったマスクを配って、市販マスクは本当に必要な人に回るように、微力ながら尽くさせてもらいます。

みんなで力を合わせて乗り切りましょう。

手作りマスクは思いの外楽しかったので、私はしばらくハマると思います。

 

それではまた!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ