38歳で運命の出会い
高齢喪女からの逆転
統合失調症を克服して社会復帰し、婚活を経て最高の夫と結婚した女のブログ
40代夫婦の日常

私本当にいい嫁だわ… 夫に50万円あげました

猫のちび

先日、うちのネコが入院しまして。

貯金ゼロの夫ではどうしようもないので、私の貯金を夫の口座に50万円ほど移しておきました。

ネコは尿管結石

私が秋田に行っていたとき、残された夫は空手の合宿がありました。

家は人が誰もいなくなるので、ペットのネコは動物病院併設のペットホテルに預けました。

夫が言うには、連れて行く直前は、夏バテっぽく元気がなかったとのことでした。

そして夫が帰ってくる日に迎えに行くと、血液検査の結果の腎臓の数値が異常だったそうです。

私はそのとき家にいたので、LINEで

夫
そのまま入院かも。尿の出が悪いみたい。これから先生と話す

と聞いて、ドキドキしていました。

そして、夫は一人で帰ってきました。

夫
石が詰まってるみたい

前兆はあった

入院したネコは、とりあえず内科的な処置をして、改善しないようなら手術になるとのことでした。

あんなに元気だったのに…。

いえ、実は完全に元気だったわけではなく、ちょっと前に私は夫に

マージ
マージ
なんかトイレからなかなか出てこない

と報告したことがありました。

その後普通に戻っていたので、あまり気にしていなかったのですが、夫は多分病院に預けるときに気になるところを聞かれて伝えておいたんでしょうね。

私がちゃんと気付けていてよかった。

まだ入院中

1週間以上経ちますが、今もまだ帰ってきていません。

先日夫が面会に行ったときの写真は、エリザベスカラーを巻かれて口に管を突っ込まれた弱々しい姿でした。

でも呼んだら返事したそうです😢

腎臓の数値は改善が見られるそうで、手術になるかどうかはもう少し様子見だそうです。

おばあちゃんネコだから、手術に耐えられるか…。

できればこのままよくなってほしいな…。

お金の心配

体調はもちろん心配ですが、もう一つ重要な心配があります。

そう。お金ですね。

夫は貧乏ですので、ペット保険に入るようなお金があるはずもなく。

今回入院になって

夫
入っておけばよかった~

って言ってたけど後の祭りですよね。

そもそもお金がないこともペットにはお金がかかることも分かっていたはずなのに、それでもかわいさ故に飼っていたのだから、自分でなんとかするしかないね。

………するしかないんだけどね………。

全くお金のない夫

夫は貯金ゼロなので、実際問題払えるお金がありません。

先日私は、夫の通帳を、どれくらいなら払えるんだろうと思い見てみました(うちは別財布です)

すると。

持ってる通帳3つ足しても、3万円ないくらいでした。

マージ
マージ
マジかよ…

これじゃ、何かでうっかりしたら、生活費の引き落とし分まで厳しそう。

私は決意しました。

マージ
マージ
50万円入れておこう…

私のなけなしのお金

私は独身の時に実家に甘えまくっていたので、手取り10万がやっとの給料でも貯金をすることができていました。

工場の軽作業で、文字通り汗水垂らして稼いだお金。

結婚後、結婚式に使い、家を買うのに使い、半分になってしまっていた貯金、今また夫のために使います。

マージ
マージ
いやーマジで私いい嫁すぎるでしょ

ぼそっと言っておきますが、夫は結婚式と家購入の時何も出してないんですよ。夫の実家が援助してくれただけでね。

ほんと、ケチケチ貯め込んでおいてよかったね。夫はなんで貯められなかったんでしょうね!

これからどうしようね…

ほんと、お金を稼ぐ方法を考えないとね…。

働きに出るにしても、私のような軽作業パート経験しかないようでは雀の涙ほどしか稼げないんですよ。娘がいるから時短しか無理だしさらに少なくなっちゃうしね。

娘預けてそれじゃ失うものの方が多すぎる。

夫は自分で稼ぐ方法を色々考えてるけど、週1しかない休みの日にどこかで働きに出るんじゃ、死んでしまうからやめてほしいしね。

私がなんとかするしかないんだよな~。

実は最近実家に行きまくってるのは、生活費を浮かすためでもあったりする(;´Д`)

この程度じゃどうにもならないけどね。

マージ
マージ
夫が独身の時に貯めておいてくれればすべて解決だったのに! バカ!!

自分で面倒も見れずに何がペットだ、と正直私は思いますけどね。反省してほしい。

独身の時だったり、妻が出してくれなかったらどうするつもりだったんでしょうね?

 

お金を貸すときはあげると思えと思っているので、このお金はあげたものと思っています。

夫は可能な限り返そうとしてくれると思います。まぁ今まで貯められなかった人がそんな余剰分あるわけないのでまず無理ですけどね。

 

それではまた!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ