38歳で運命の出会い
高齢喪女からの逆転
統合失調症を克服して社会復帰し、婚活を経て最高の夫と結婚した女のブログ
40代の子育て

産後6ヶ月。体の不調に産後骨盤矯正は効いたのか?

マッサージ

娘が生後半年と言うことは、私も産後半年なわけで、体調の変化について書きたいと思います。

関節がガタガタ

産後、関節という関節がガタガタになりました。

腰は痛い、股関節痛い、膝が痛い、足の甲も痛い、手の指も痛い。

腰は、オムツ替え後に前屈みから体を戻すと、ウッとなってしばらく腰をかがめた状態でいなくてはならなかったし、股関節は歩いてると時々力が入れられなくて、ガクッとなってしまったり。

膝は、痛いのに加えて、通常曲がるのとは反対方向に曲がるような力が加わってしまうような…表現が難しいけど、通常曲がらない方向に曲がりそうになって、もちろん曲がるわけではないのでイッテー!!ってなることがありました。

これは確実に、帝王切開した翌日に自覚しました。

足の甲は、朝の寝起きが一番つらかったです。

これは確か妊娠中からだったと記憶しています。しびれるような痛みがありました。

手の指も妊娠中からです。これはむくみのせいだと思っていて、生まれたら治るんだと思っていたので、治らなかったことが衝撃でした。

筋肉…お前もか…

関節に加えて、これは筋肉かな?と思う痛みもありました。

一番強いのはふくらはぎから足の裏という感じ。

朝一が一番ひどくて、未だに朝一に階段降りるときは、一歩一歩足を揃えながらでないと降りられません。

手も痛いです。これは、寝ながらスマホ見てたりしたときに肘から先がじわーっと痛くなります。

そう長時間でなくてもです。

乳酸溜まりすぎた時に近いような気もします。

地べたに座れない

関節と筋肉のコンボで、地べたに座っていることが非常に苦痛でした。

座ってるときはまだしも、立ち上がって歩こうとすると、まともに歩けません。

人類進化図のアウストラロピテクスみたいになってしまいます。

一番怖かったのは、これが出産のせいではなく、加齢によって起こるもので、この先一生こうだったらどうしようということでした。

だって、親世代の人とかは、正座から立ち上がると痛くて動けないとか言ってる人いっぱいいるじゃないですか。

私、もしかしてそんな年齢になったのかな? って思ったんですよね。

座れるようになった

でも、今日お昼に、地べたに座ってカップラーメンを食べて、さて片付けようと立ち上がったとき気付いたんです。

 

痛くない!!!少し待たなくてもフラフラしない!!

 

朝はまだ足が痛くて階段は一歩一歩でしたし、手の指の痛みはまだありますが、とりあえず地べたに座った後の痛みは確実に治りました。

産後骨盤矯正が効いたのかな?

これが、時が来たから治ったのか、がんばって整骨院に通い続けたからなのかは分かりません。

産後骨盤矯正をやる必要なんてないという話も、先日見かけたのですが、私は、この半年何もせずに治るのを待つことは出来なかったので、精神安定剤的な意味でも行って良かったと思います。

ずっとひきこもりばっかりでなく、強制的に週1~2回は出かけて人と話せるの、すごく気分転換になったし。

正直な気持ちとしては、多分効いたと思っています。

効果あるから行った方がいいよ!と勧められるほど、整骨院の効果だと実感は出来ていないので勧められませんが、まぁ余裕があるなら行ってみてもいいのかなと思いました。

私は、実はこういう矯正的なのを妊娠前からお金さえあればやりたいと思っていたんですよね~。いい機会でした

産後の痛みはゆっくり治る

とにかく、産後の不調は永遠ではない、ということは分かりました。

でも、すぐ治るものでもないんですね…。

まだ完全に治ったわけではないのですが、今後少しずつ治っていくのかもしれません。

本当に、女性は色々なものを犠牲にして、一つの命を生み出すんだなと強く実感しました。

世の中はもっと女性を大事にしなくてはダメですね…。

 

それではまた!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ