38歳で運命の出会い
高齢喪女からの逆転
統合失調症を克服して社会復帰し、婚活を経て最高の夫と結婚した女のブログ
喪女の過去、婚活

小学校でのイジメのことを鮮明に思い出したので書く

私は、赤やピンクの服が嫌いです。

理由ははっきりと分かっています。

子供の頃、私の親は「女の子には赤やピンク」という感じでその手の色の服をたくさん着せてきたのですが、私が学校でイジメに遭ったとき、いじめてきた奴らの間で「赤オババ」「ピンクババア」と呼ばれていたからです。

小学生時代のいじめ

そのときの話をちょっとしておくと、当時私は小学校3年生か4年生くらいでした。

まだ私は東京に住んでいました。

小学校って休み時間に外で遊んだりする文化がありますけど(今もあるのかな?)私はその時間に、追いかけ回されていました。

相手は、1学年年下の男子、おそらく20人くらいでしょうか。

毎日、私が外に出ると、嘲笑いながら追いかけ回してきました。

一人に見つかると他の奴もわらわら寄ってきます。

私が何をしても嘲笑、誰かに助けを求めても、みんな遊びたいので無視されるのですが、そうすると「助けてもらえないんだだっさ!」みたいな感じで笑われましたね。

一度などは、帰りがけに見つかって服の中に芋虫を入れられたことがありました

私は死ぬほど虫が大嫌いです。最悪でした。

理由は不明

何故目をつけられたのかはさっぱり分かりません。

生意気だと思っていたのかもしれませんが、そもそも私の方が年上であり、生意気なのはお前らの方なわけで。

年下なので全然接点もありません。最初誰か一人に目をつけられて、その後なんか面白そうだって感じで広まっていったのかなぁ?

全然分かりませんが。

おなかを蹴られた

まぁ、当時の私は強かったので、じゃあ外に出るのはやめようとなることもなく、休み時間のたびに遊びに出てたんですけどね。

それが終わったのは、ある日、同じように追いかけ回されていたときに、誰かがお腹を蹴ってきたのがきっかけでした。

私は、おなかを蹴られて、その場にうずくまりました。そして泣きました。

泣いたのは痛かったからというより、なんでこんな目に遭うんだろう…という悔しさからだったように思います。

先生にばれた

場所は校庭のど真ん中。大勢の人が見ていました。

見てた人の中から、幼なじみの2個上のおねえちゃんが飛び出してきました。

「マージちゃん!どうしたの!?」と声をかけてくれたのはよく覚えています。

お腹蹴られたと訴えました。

そこから、先生に伝わりました。

先生に怒られていた

その日の午後の授業中、私がふと校庭に目を向けると、追いかけ回していた奴らが並べられて、先生に怒られている風でした。

私のことで怒られているんだなと思いました。

 

 

ざまぁと思いました。

 

 

その後ピタッとイジメは止まりました。

引っ越した

私は5年生になるときに埼玉に引っ越したので、多分イジメが止まってからさほど経ってない時期だったと思います。

イジメはなくなっていたのであのままいたとしてもそんなにいづらくはなかったでしょうけど、引っ越しは渡りに船みたいなところはあったかもしれませんね。

助けを求めても誰も助けてくれないくらい、みんな冷たかったのは確かですし。

まぁ、埼玉に来てもイジメが全くなかったわけではないのですけど、それはまた別の話で。

赤ピンク嫌いになった

で、何の話をしたいかというとね。

赤オババなどと言われていたから、私はそのころから赤やピンクの服を着なくなったんですよ。

高校時代はビジュアル系バンドが好きだったから真っ黒だったし、大人になって黒はやめてもグレーとか茶色とか地味な色で。

タオルとかの小物も大体緑とか青とかが好きなんですよ。

女は赤ピンクを選ぶべきと思ってしまうときがある

でも、結婚したじゃないですか。

夫と生活するようになって、ふと気付くと、茶碗とかタオルとか、自分用のものを赤とかピンクにしようとしてるんですよね。

こんないじめに遭った私でも、「女は赤ピンク」などという思い込みから解き放たれていないんだな…と思ったんです。

自分から型にはめてる部分はあるのかもしれないなぁ、と。

夫の理解

夫はね、ちゃんと私がピンク嫌いだということを知ってるんですよ。

2色のものがあって、私が無意識にピンクを選ぼうとしたとき「ピンクで大丈夫?」って言ってくれますのでね。

言ってくれたときは、夫にピンクのものを渡して、呪縛から解き放たれた気分になります。

ピンクの呪縛

でもこういう、ピンクがイヤという気持ちも、結局呪縛に囚われているから生まれる感情なのかもしれないですね。

何にも気にしない人になれたらいいですね。

ただ単に「この色が好き」か「嫌い」は別に悪いことじゃないけど、私は過去のことに囚われすぎているからそうなるわけなので。

ピンクの話をすると、一瞬であの時のことが蘇ります。

いつか、過去のことも、この年でピンクは…とかも何も気にせず、私に似合いそうなピンクの服があったら着られる人間になりたいですね。

陰湿ないじめは男が多いような…

そういえば、色々思い出してみると、私は男にいじめられることの方が多かったように思いますね。

パワハラ上司2人も男だったしね。

女は陰湿とか言う人多いけど、私の出会った中では全然男の方が陰湿でしたね。

 

それではまた!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ