38歳で運命の出会い
高齢喪女からの逆転
統合失調症を克服して社会復帰し、婚活を経て最高の夫と結婚した女のブログ
貧乏だけど家を買う

太陽光発電は結局得なのか?新日本住設で設置した実体験レポート

12月に太陽光発電が稼働してからのことをまとめます。

予備情報として、うちは猫がいるため、真冬も真夏もエアコン24時間稼働となります。そのため、夏冬の基本的な電気代はかなり高いと思ってください。

ヘタしたら2万円近くなるくらいのこともありました。

今年は娘のために毎日浴室暖房も稼働したので、本来ならすごく高かったと思われます。

それを踏まえて読んでいただけたらありがたいです。

 

1月からの電気代と売電収入です

1月 電気代 11632円  売電収入 4238円

2月 電気代 12104円  売電収入 8762円

3月 電気代 8371円  売電収入 6786円

4月 電気代 4935円  売電収入 10062円

太陽光パネル設置代金 毎月13000円(すみません。細かい部分忘れました。たしかこれくらい)

 

今月初めて売電収入が電気代を上回りました。

冬はエアコン使用で電気代が高くつくのと、日照時間も短いし日差しも弱いので、始まりたての1月はかなり条件が不利だったものと思われます。

ただ、1月の実質電気代(電気代-売電収入)でも7394でして、太陽光パネル設置の分割払い13000円加えても2万くらいなわけでして、まぁ、通常の真冬電気代とそう変わらないのではないかな?と。

で、今月の実質電気代は -5127。つまりその分収入。設置代と相殺して7873円。

まあまあでは? これくらいで停電になったときも使えるとなれば、大分お得にも思えます。

これから日差しが強くなっていくのでどうなって行くかですね。

真夏は真夏で今度クーラーになるから結構使うことにはなると思いますが、日差しの強さでどれくらい相殺されるのか。

夏は、屋根にパネルがある分物理的に室内温度が上がりにくいという効果もあるそうです。

楽しみですね。

また数ヶ月後にレポートします。

 

うちが太陽光発電の設置をお願いした会社はこちらです。

太陽光発電なら【新日本住設の太陽光マイスターにお任せ】

決め手は、シミュレーション通りの発電量に達しなかったときに補償があることでした。

あと、普通の会社だと設置工事は他社に任せることになったりするらしいのですが、この会社は全て自社で行っているそうですよ。

 

うちで設置するまでの記事もご覧ください。

太陽光発電記事一覧

 

それではまた!

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ