38歳で運命の出会い
高齢喪女からの逆転
統合失調症を克服して社会復帰し、婚活を経て最高の夫と結婚した女のブログ
40代夫婦の日常

出産後の体の痛み リウマチでなければいいのですが

娘が産まれて4ヶ月ちょっと。

産後のせいだから仕方ないよね…と思っていた体の痛み、どうにもよくならないので、これ産後のせいじゃないんじゃ? と思ったので整形外科に行ってみました。

気になるのは、妊娠中に発症した手指と足の甲の痛み、産後発症の腰、膝、妊娠前から気になっていた股関節です。

 

整形外科は娘をベビーカーに乗せて、20分くらい。

ベビーカーで入りづらい病院だったらどうしようと思ったけど、非常にきれいで新しそうな病院だったので、ばっちりバリアフリーでオムツ替え台もありました。

おじいさんに「何ヶ月?かわいいな~。頑張って育ててね」と声をかけられつつ待ってると呼ばれて、ベビーカーごと診察室へ。

先生は丁寧に、一つ一つ症状を確認してくれました。

娘は看護師さんにあやされていました。

当然ですが、レントゲンを撮ることになりました。

 

レントゲン、多分娘は連れては入れないんだろうな。どうするんだろう。

と思ってると、看護師さんがやってきて「レントゲンの時は赤ちゃん看護師が見てるけど大丈夫?」とのことで、安心してレントゲン室へ。

めっちゃ撮られた。支払いに震える私。

レントゲン室を出ると、面倒見てくれた看護師さんと、患者のおばあさんが娘を見ながらキャッキャしてました。

娘は愛想がいいのでニコニコしてかわいがられていたようです。

「4ヶ月くらいかなと思ってたのよ~。これから大変だけどがんばってね」などと言われながら、もう一度診察室へ。

 

腰は多分歪みのせい。コルセット渡すので着けて生活して。

足の甲はアーチがちょっとおかしくなってるから、テーピングと扁平足用の中敷きを買ってみて。

手の指は、リウマチじゃなければいいなぁ。血液検査するから一週間後に結果聞きに来て。

 

とのことでした。

最初の診察から股関節を忘れられてたけどまぁいっか。

リウマチでなければ、妊娠による体重増加で負担が増えたせいだと思われるそうです。

リウマチじゃなければいいね…こわいね…。

足にテーピングされて、採血されて、腰にコルセット巻かれて、診察は終了しました。

 

診察の途中からぐずり始めた娘、看護師さんに診察室から出されて待合室にいましたが、機嫌悪くなってしまったようで泣いていました。

看護師さんと他の患者さんと一生懸命あやしてくれてた。

私が行くと何か訴える顔。

だっこすると泣き止むけど、時折不満の声を出します。結構時間かかっちゃったから、お腹すいたなこれは。

と思いつつ、お湯は忘れたので帰るまで待ってもらうしかない。いやぁこんなに時間かかると思わなかったからさぁ。

トイレ行って、オムツだけ替えて、受付戻って会計。

6千円超えた。ひぃぃぃ。まぁ思ったよりは少ないか。

 

帰り道の途中に支援センターがあって寄ろうかと思ってたんだけど、なんかめんどくさくなったし12時近かったのでやめました。

支援センター、なかなかタイミングがつかめないな。

行っても何するわけでもないんだけど。

焦ることないか。

 

とりあえずリウマチでなければいいな。リラックスして結果を待とう。

 

それではまた!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ