38歳で運命の出会い
高齢喪女からの逆転
統合失調症を克服して社会復帰し、婚活を経て最高の夫と結婚した女のブログ
40代の子育て

初節句と百日祝いのお食い初め

今日は3月3日ひなまつり。

そして昨日は娘が生誕100日記念日でした。

ひなまつりは何か作ろうと前から思っていたのですが、100日とかは失念していて、そもそもお食い初めとかよく知らなかったのでやる予定ではありませんでした。

でもツイッターのフォロワーさんたちが次々100日を迎えてお食い初めをやっているのを見ていたので、昨日100日であることに気付いた瞬間、そうだひなまつりやるんだからついでにやろう!と思い立ったのでありました。

ネットでやり方を調べると、揃えるのは赤飯とお吸い物と鯛と煮物と香の物、そして石。

ふむふむ。石は神社で拾うのね。

ひなまつりに作るものもクックパッドで調べ、おひなさま手まり寿司と3色パンナコッタを作ろうと決めました。

近所のスーパーへ買い出しへ。

途中で神社に行きました。お賽銭を入れて手を合わせ「石をお借りします。娘をよろしくお願いします」とお願いして、大きくて綺麗そうな石を持ってきました。

スーパーでは、刺身は一日置いたら怖いから当日にしよう、と昨日は買わず、キュウリとかまぼことウズラの卵とタケノコ、こんにゃく、ニンジン、はまぐり、食紅の赤と緑、抹茶とイチゴジャムを買ってきました。

鯛はありませんでした。明日駅まで行ってみるか、と昨日は諦めて帰ってきました。

煮物は先に作ってしまいました。はまぐりは塩抜きのため塩水に入れておきました。

そして今日、朝から雨。

えー。娘連れて駅まで行くの無理だわ…。

と思ったんだけど、夫が空手で隣の隣の駅まで行くんで、買ってきてもらうことにしました。ついでに刺身と祝い箸も。

そして、夫を送り出した後、出来ることだけ先にやっておこうと、パンナコッタを作り、おひなさま手まり寿司のひな人形の部分を作り、赤飯を炊き、はまぐりの潮汁も作りました。

そうこうしてると夫が帰ってきたので、鯛を焼き、刺身を使って手まり寿司を作りました。

よし。完成。

ちょうどよく漆塗りの器が5個あったりして。これ従兄の結婚式の引き出物だったんだよな

 

おひなさま手まり寿司はこれ

 

3色パンナコッタ

 

いざお食い初め!

夫に娘をだっこしてもらい、私が食べさせます。

お食い初めは、食べさせる(ふりをする)順番があって

 

1.ごはん

2.お吸い物

3.ごはん

4.魚

5.ごはん

6.お吸い物

ここまでを三回繰り返し、

7.石に箸を当ててからその箸を子の歯茎に当てる

 

のだそうです。

でね私は思ったんですけど、この手順の中に煮物と漬け物が出てこなくない?どういうこと?

と調べてみたら、6の後に赤飯→煮物→赤飯→汁→赤飯→香の物と続けるんだったんだそうです。

もうそれ抜きでやってしまった後だったよね。早く言ってよ。

ネットの情報はやっぱりブレがありますね。

まぁ、これでよしとします。日本の神様はおおらかだから細かいところは気にしないでしょう。

きっと娘は一生食べ物に困ることはないでしょう。

とりあえず無事100日超えられたことを感謝します。

これからきっとつらい目や理不尽な目に遭うんだと思うと、もうこのまま成長しないでずっと家の中にいてほしいような気もしてしまいますが、そうはいかないですね。

つらいことがあっても負けずに柔軟に生きていってほしいです。

適切な助言などあげられるように、私自身もレベルアップしていかなくてはね。

 

ところで、夫は今日作った料理を食べ終わった後「おつかれさま」って言ってくれました。

へへっ。がんばってやってよかった。

 

それではまた!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ