38歳で運命の出会い
高齢喪女からの逆転
統合失調症を克服して社会復帰し、婚活を経て最高の夫と結婚した女のブログ
40歳の妊活、妊娠

出産のために準備したけど緊急帝王切開と母乳NGになったため使わなかったもの

私は、何か予定があると早めに準備してしまう人なので、出産のための入院準備も何ヶ月か前には完了していました。

産院でもらった必要なものリストに加え、たまごクラブに乗っていた入院時あってよかった物リストも見て、準備は万全でした。

実際入院して、しまったあれがない!! ってことは一つもなかったので、本当に万全でした。

逆に色々揃えすぎて、無駄になってしまったものも多々。

今日はそういうアイテムのお話。

 

私はもちろん、普通分娩で臨むつもりでした。妊娠中に何の問題もなかったし、当然出来るものと思っていました。

しかし、結果は緊急帝王切開。

普通分娩で必要と思って用意しておいた、ウィダーインゼリーや、カロリーメイト的なクッキー、それから、夫と事前に「立会いに来るときにおにぎり的なものとペットボトル買ってきておいて」と頼んであったので、当日帝王切開と宣言される前に着いた夫はしっかりそれを買ってきてくれましたが、帝王切開は手術前に何か食べてはいけないらしくて何も口には入れられませんでした。

飲み物もダメなので、ペットボトルに装着するストローも何の役にも立ちませんでした。

万全だったのに…。

それから、出産日ちょっと前になってから初めて「母乳育児は避けた方がいい」と言われたため、準備しておいた母乳パッドや乳首保護クリームなども完全なる無用の長物でした。

それから、授乳パジャマや授乳ブラもね。まぁこれはマタニティ服として着倒したんで使わなかったわけではなかったけど。

授乳パジャマは、ただの夫といちゃいちゃするためのアイテムになりさがったよね。

というか、おっぱいそのものが子供のためのものではなくなってしまったので、夫とラブラブするためだけのものになったよね。

え? こんな話は気持ち悪いですか? すみません。

ま、そんな感じで色々と、おもてたんと違う! みたいなことはありましたね~。

無駄になったものは多いけど、本当に準備万端だったんだな自分。ぐっじょぶ。と思って終わりにしますわ。

せめて開封してなければ誰かに譲れたのに、乳首クリームと母乳パッドは開封しちゃったんですよね。入院時に少しでも荷物減らそうと思ったからね。

そのうち、開封済みでも気にしないでいてくれる間柄の人が妊娠したらあげることにしますよ。

 

それではまた!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ