38歳で運命の出会い
高齢喪女からの逆転
統合失調症を克服して社会復帰し、婚活を経て最高の夫と結婚した女のブログ
40代夫婦の日常

出産後の夫の話

夫は、出産後母子同室になってからのお見舞いでは、すぐに「ミルクの作り方教えて」と言って、ミルク作りと授乳を体験しておりました。

その後も産院に来るたびにミルク作りと授乳。そしてオムツ替えも喜んでやってくれました。

退院後、昨日日曜日は、実家にいる私たちのところに来てくれたんですが、そのときは「沐浴のやり方教えて」と言って、実践していきました。

ちょうど昨日は、叔父夫婦とその息子家族が、私の出産祝いに来てくれていたのですが、ザ・昭和の男の叔父は一切育児に協力なんかしなかった人なので、夫を見て感心しておりました。

今はこんななんだなとか言うので、「育児は手伝うものじゃない。自分の仕事としてやるものなんで」と私が言っておきました。

この叔父もそうですが、母方の伯父叔父は3人ともザ・昭和の男で、育児に協力しないどころか奥さんをボロクソにけなし、お前呼ばわりだのバカだのババアだの平気で言う人たちです。

ああいうのを見るたびに私は、夫がそんな人でなくて良かったし、そんな時代でなくて良かったと思うのであります。

多分、婚活過程で出会ったモラハラ男なんかと結婚していたら、こういう夫婦になっていたのでしょうね。

叔父夫婦を見るとすごくイヤな気持ちになります。

まぁ、夫婦のことですから、あれはあれでうまくいっているのでしょうけれども。

夫は多分、義務とかではなく、本当に心から子供の世話をしたいのだろうと思います。

子供好きですし、ずっと憧れていたようですしね。

今度、ショッピングモールでベビーカーを押して3人で歩くのが夢みたいですよ。

かわいいこと言うな。

私は多分夫のことを嫌いにはならないだろうなって思うのであります。

 

それではまた!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ