38歳で運命の出会い
高齢喪女からの逆転
統合失調症を克服して社会復帰し、婚活を経て最高の夫と結婚した女のブログ
喪女の過去、婚活

シャブ山シャブ子 薬物中毒は精神病という主張は逆に精神病への差別ではないのか?

ドラマ相棒は見ていないので内容は分からないのですが、シャブ山シャブ子とかいう人が出ていたそうで、それについて「偏見に満ちている。薬物中毒は精神病でありあのような取り上げ方は治療の障害になる」という主旨の記事がありました。

正直なところ、私のような何の反社会的行動を取ったわけでもなく精神病になった身としては、一緒にするなと言いたいところですね。

薬物を始めたのはおそらく自分の意志でしょう。そうでない人もいるのかもしれませんが、多くは多分そうですよね。

紛れもない犯罪に手を出しておきながら「自分は病気です」

正直、何言ってんすか? って思いますね。

本当に、一緒にしないで欲しいです。

 

以前、私が婚活をしていた頃、病気のことは隠さずに活動していた話は以前したと思いますが、こんなことがありました。

私が実は統合失調症を持ってますという話をすると。

「俺の友達にもクスリに手を出してその病気になった人がいるよ」

と言われたのです。

………。

私はそのとき、クスリのせいでこの病気になることがあるなんて知らなかったのですが、とてもショックを受けたのです。

 

あっ…この人の中ではクスリのせいで病気になった自業自得の人と私は同列なんだ…。

というか、クスリやらなくてもこの病気になるってことこの人理解できてるのかな…?私もどうせクスリのせいでなったと思われてるのかな…?

 

そして、友達にそんなものに手を出す人がいるということで、この人のことも怖くなったので、私はすぐに連絡を絶ったのでありますが。

もしかしたら、その人としては病気に理解を示したつもりだったのかもしれません。

でも正直私は、とても不快でしたねぇ。私は犯罪に手を染めたことは一切ありませんからね。

本当、一緒にすんなですよ。

 

ま、これは私の気持ちであって、全ての精神病患者の思いを代弁しているわけではありませんが。

他の優しい精神病患者だったら、薬物中毒由来の人にも同情できるのかもしれません。

私は心が狭いので、自業自得の人と同列にされたくはないです。

薬物に手を出したような犯罪者を、精神病だから差別するなと言うのは、逆に何の罪もない精神病患者への差別にはならないのでしょうか?

 

個人的には、凶悪犯罪が起きたときに精神鑑定が云々という話になるのも、私は嫌いです。

病気であろうと罪を犯したならしっかり償うべきと思います。それはおそらく本人のためにもなります。

私だったら、自分の意志とは違うところで罪を犯してしまったことを知ったとき、なにも罪に問われずに生きていくなんて耐えられないです。

本当に病気なら凶悪犯罪を計画する力すらないと思いますけれどもね。

 

それではまた!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ