38歳で運命の出会い
高齢喪女からの逆転
統合失調症を克服して社会復帰し、婚活を経て最高の夫と結婚した女のブログ
喪女の過去、婚活

31週妊婦健診の話と昔は苦手だった愛情表現の話

今日は妊娠31週1日、妊婦健診でした。

が、順調すぎて何も書くことがありません。

推定体重は1581グラム。普通だそうです。

このまま最後まで順調なままでいけるよう祈るばかりです。

浮腫だけがちょっとプラスでした。この間スニーカー買ってその日にひもを調節したのに次の日入らなくて調節し直したくらいだからな!!

足ぷくぷくしてるし手は朝になると握れないししびれる。

早く正産期来て産まれてほしいです。

産んでみたら子育て大変で産む前の方が楽だった~ってなるのかなぁ。

ま、そうなってみないと分からないですね。

 

さて話は変わりますが、私は完全なる喪女だったので、実は、人を好きになったときってどういう愛情表現をするべきなのか全く分かりませんでした。

そもそも人を好きになったことって中学時代の淡い恋くらいで、もちろんその相手とはつきあってはいませんし、その後って本当に、誰も好きじゃなかった。

32歳で初めて「つきあう」って形になったみたいな感じになりました(つきあおうとは言われてませんが)が、正直私はその人のことが好きじゃなくて、それだと当然好きな気持ちを表そうという気にはなれないわけで。

つきあっててもこうなんだから、私って愛情表現とか出来ない人間なのでは? などと思ったりして、更に恋愛に及び腰になったりとかもしたんですよ。

婚活してても全然心開けなかったし、私は一つ一つそれなりにデートを楽しんでたつもりでも、全然楽しくなさそうとか言われたり。

私ってそんなに感情が出てないのか…クソだわ…。

なんて思ってたこともあったんですよね。

 

でもね。

 

それって単に、本当に好きな人に出会ってなかっただけでね。

今の私は、毎日夫へのラブラブ攻撃がすごいんですよ。

私こんなにストレートに愛情表現出来る人間だったのね…って思わされてる。

夫の方が若干ウザがってるw かわいいって言ってくれるときもあるけど(*^^*)

そんなわけなんで、愛情表現が苦手って思ってる人に少し希望を持ってもらえたら、なんて。

 

それではまた!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ