38歳で運命の出会い
高齢喪女からの逆転
統合失調症を克服して社会復帰し、婚活を経て最高の夫と結婚した女のブログ
喪女の過去、婚活

婚活相手と条件が合わない場合 譲るべき時と譲るべきではない時について

婚活に於いて条件のすりあわせについて質問いただいたので書いてみますね。

婚活の際、全ての条件がピタッと合う相手なんてそうそういませんよね。

私も何度もこのブログに書きましたが、夫に関しては、条件とは食い違った部分も多々あります。

最初は、こうでなきゃダメと一度断ったりもしましたが、会ってみてこの人なら条件満たされてなくても大丈夫!と確信して、結婚を決意したのでした。

 

私が一番こだわっていたのは、車の運転が出来るかどうかでした。

これは以前の記事に書いたと思います。おそらくタバコ吸うかどうかよりも私の中では重要だったように思います。

でも、免許は持ってるから練習すれば乗れるのかも? と条件を緩和することでクリアしました。

 

そして多くの方が、お金については何らかの条件を持っているのではないかと思います。私もある程度はありました。

年収、貯金額、ギャンブルはしないか、ケチではないか、デートでおごってくれるか。

私たち夫婦がお金の話をしっかりしたのは、婚約をした後でした。

プロポーズを受けてから、貯金がいくらあるのか聞きましたし、年収が分かったのは、住むところを決めて不動産屋で書いた契約書の年収欄を見たときでした。

ぶっちゃけ、貯金がゼロだということと、年収はこの年齢の平均額にもいってないことは、がっかりしなかったわけではありません。

でも夫には借金はありませんでしたし、ギャンブルも一切しません。

私は、借金さえなければきっと大丈夫。そう思うことにしました。ギャンブルもなければ、今後爆発的に借金が増えるようなこともないでしょう。

夫は本当に優しいいい人です。人柄で悩まされることは絶対にないことは確信していたので、多少お金で苦労することになったとしても、この人と一緒に生きていく。

そう思って、お金のことは気にしないことにしました。

ものは考えようですよね。お金に困らないとしたって、夫の言動にいちいち傷ついたりするような生活だったりすることもあるわけですから。

私なんかは低スペで悪条件の多い人間ですから、こんな人間を相手にするような高収入の人なんて、きっと私をバカにするに違いない。そう思う部分もありましたし。

お金に困らない上にとても優しい人もいるのかもしれませんが、私はこれまでの人生でそんな人との出会いを果たしていないので、夫を逃したらもっと素敵な人なんて絶対に出会えないと確信していました。

だからお金はね、私の貯金がちょっとはあるし、これでしばらくはしのげるだろうと思うことでよしとしたんですよ。

もしこの貯金がなかったら、この結婚がどうなっていたかはちょっと分かりませんね。

夫はアパートを借りる前金すら用意できませんでしたし、結局私が金にものを言わせて強引に結婚にもちこんだようなものですね。

私はそれでも、自分のお金を使っても、この人と結婚したかった。

 

結局、究極はそこなんですよね。

条件すりあわせというか、条件に合わない人でも、この人と一生生きていきたいと思えるかどうか。

何か相性が良い部分があるときに、他の部分は目をつぶろうと考えられるかどうか。

何一つ合わないような人に、無理矢理合わせる必要は全然ないと私は思いますし、どれもこれも譲れない条件ばかりだというのであれば、それはそれでいいのではないでしょうか。

私が思うに、本当に相手のことを好きになれば、ある程度は譲れると思います。譲れないのは好きじゃないから。

何らかの譲歩をして好きじゃない人と一緒になっても、きっとあとで譲った部分を後悔するのではないでしょうか。無理する必要はありません。

 

条件なんて誰にでもあります。

優しい人、働いている人、顔が嫌いでないこと、自分を否定しないこと、体臭きつくないこと。

今挙げたのは、どちらかというとかなり低い条件です。むしろこれを満たしてない人を求める人なんている?くらいのレベル。

でも、もし誰かに「どんな人がいいの?」と聞かれて話したとき、条件としてはそんなに厳しくないのに5点も挙げたというだけで「理想が高い」と言われるには充分です。

理想の人が目の前に現れていない時点で理想について語れば、どうしても色んな条件が出てしまいます。

それも分からずに一方的に「理想が高い!」など、何言ってんだコイツでしかありません。

色んな出会いを果たして傷ついてきた人ほど、「こういう人は嫌だ」という条件も増えていきます。

でも最終的に「この人なら悪いところもあるけどきっと大丈夫」と思う人が理想の人なのではないでしょうか。

「条件のすりあわせ」と言いますが、それは納得いかない相手に譲歩するんではなく、悪いところも理解して、互いの努力でどうにかなるようならそれでよしとすることが必要であり、それをしようと思える相手と出会うのがとにかく大事なのかなと思います。

くれぐれも「絶対に無理!」な相手に無理して合わせることではないので間違えないでくださいね。

 

ちょっと説教臭かったですかね。失礼しました。

それではまた!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

 

 

東京・神奈川を中心とした結婚相談所 ルックフォーパートナー