38歳で運命の出会い
高齢喪女からの逆転
統合失調症を克服して社会復帰し、婚活を経て最高の夫と結婚した女のブログ
貧乏だけど家を買う

JAで住宅ローン契約。からの買い物と事故未遂

怒濤の3日間振り返り。

1日目は前回書いたとおり。 二日目の昨日、私とはぐメタさんはJAへ。

ローン契約のためでしたが、日曜日は全てのJAが稼働しているわけではないらしく、ちょっと離れたところのJAとなりました。

 

え…車に傷…

いつもどおり、はぐメタさんに運転練習させながら出かけましたが、私はふと助手席側のドアに傷がついているのを発見しました。

マイカーは、以前はぐメタさんがミラーをこすった以外は完全な無傷でした。私が傷つけた記憶もない。 絶対駐車場でドアぶつけられた感じ…。となりの駐車場の人だな…。何も言わずに知らんぷりとかちょっとひどくない?もし何か報告してくれたら「これくらい大丈夫ですよ」って言うレベルだけど、何も言わない…どうなの…。

なんかアパートの住民に嫌な気分になってしまいました。引っ越すことになっててよかった。 私のかわいいかわいいデミオちゃんが傷物になってしまいました。凹む。

 

JAへ

それはともかくJAへ。 ローンの金利を低く抑えるための条件は、給料振込口座にするのと、公共料金を二つ以上支払い口座に指定する、それからポイントカードを作るで達成しました。

そしてはぐメタさんが色々と契約書に記入。私はぼーっと見てた。

通帳は今は出来ないので次の日取りに行ってほしいとのことだったので、私が行くことになりました。 月曜日もめちゃくちゃ忙しいと確定。

契約には一時間くらいかかって、無事終了しました。

コジマへ

不動産屋さんからの紹介で安くしてもらえることを確認していたので、コジマへ。1時から2時くらいの間に行くと伝えてあったけどちょっと早めになってしまって申し訳ない。

で、リビング用のエアコンを見ました。18畳くらいなんだけど、吹き抜けあるし、4畳半の和室と繋がってるんでまとめて賄える20畳くらいのエアコン買えばいいかな?ってなってたんでその方向で。

色々説明を聞いて、ダイキンか三菱がいいかなってなったんだけど、割引率がものを言って三菱になりました。霧ヶ峰~。ブランドじゃん。

あとは照明を見て、めんどくさいから同じタイプの奴で畳数の違う奴にしようって感じで東芝のを6個買いました。 照明はとりあえずこれで全部間に合うけど、エアコンは空き部屋にはまだ置かなくてもいいかなって感じで買い物は終了。

割引は、エアコンに大量ポイントをつける形で照明の値段から引いてくれました。 しめて33万円。20畳用エアコンは高いから致し方ない。

 

郵便局を探す

はぐメタさんお金がないので郵便局に行きたいと言い出し、探して大通りに出たものの、ナビに出ていた郵便局は大通りより一本奥まった道路であったらしくしばらく迷う。

私がスマホを駆使してナイスなナビをした結果、無事郵便局へ。

ATMでお金を下ろしたはぐメタさん、なんと前日に私が払った収入印紙代22000円を返してくれました。ありがとう。

でもエアコンと照明代は私持ちやで。

そして無事お金が出来たのでお昼を食べようと、近くにあったちゃんこ屋へ。 私はそんなにがっつり食べたい気分でもなかったので、はぐメタさんが一人前のちゃんこと雑炊セットを頼み、私がミニ天丼を頼んで、どれも二人でシェア。 熱い、暑い、おいしいと言いながらはふはふ食べて、夜は軽くでいいねと言いながら店を出る。

 

ニトリへ

最後はニトリ。カーテンレールとカーテンを買う予定だったけど、そういえば窓のサイズを測っていなかった。

致し方ないので、絶対に使えそうなサイズのカーテンレールを三つだけ買って、あとはいずれ買う予定のソファとか、テーブルセットを見た。 ソファはピンキリだがテーブルセットは結構良さそうなのがそんなに高くなく売っていた。早めに買いたい。

とりあえず、全ての用が済んで、車へ。はぐメタさんの運転の練習がてら帰宅。 だったのですが。

追突未遂

帰宅途中、いつも混んでいる道がいつもどおり混んでいて、ノロノロ。 そんな中、前の車が止まっているのに、はぐメタさんがなかなか減速しない。私が「ブレーキ!!」と叫ぶとはぐメタさんはなんと   ブレーキとアクセルの踏み間違え。

ぎゃー!!! 大嫌いなゴ○○リを見たとき以上の大きな悲鳴を上げる私。

終わった…。走馬燈のごとく今後の展開が脳内を駆け巡る。

まずこの渋滞のひどい道路で路肩に寄せて渋滞の原因となり、警察を呼び、相手には平謝り、相手の車の修理は私の保険から、自分の車には車両補償がついてないので全て自腹…一瞬で全てを思い描いた。

しかし、なんとかブレーキが間に合って、追突はせずに済みました。 助かった…。

そこから私はもう放心状態。 帰宅してからはぐメタさんは、ちょっとウトウトしてたと白状しました。

ぶっちゃけ、初心者のくせに運転でウトウトするほどの余裕があるだと!!?ふざけんな!!!緊張感を持て!!

って罵りたい気持ちはあったけど、毎日肉体労働で休みは日曜しかないの愚痴一つ言わずにこなしてる姿を見てるから、何も言えませんでした。

穏やかに「もっと緊張感を持ってうまくなってください」とは言ったけど。

でもねぇ。私は思っちゃったんだよ。 この人、やっぱり運転向いてないのかなって。

一応毎週のように日曜日は乗ってるんだけど、全然慣れる気配もないし、うまくなってる感じもしないし、多分、体感でものを覚えるのが苦手な人なんだと思うんだよ。

あとなんか、失敗しても全然凹まないから、失敗を糧にうまくなることもあんまりないんだよ。

私は昨日帰ってきてから、気持ちが高ぶって夜もなかなか眠れなかったけど、はぐメタさんは帰ってきてすぐうたた寝してたしさ。全然気にしてないんだよ。

世の中のために「運転はやめた方がいいと思う」って、私が引導を渡してやった方がいいのかもしれないなって、ちょっと思ってしまったよ。

私自身が、夫の運転でどこかに行きたいと考えている人だから、なかなか認めるのが難しいけど。

もう少し様子を見て、今回のことがあっても全然成長の気配が見えないとしたら、諦めて運転は全て私がやることにした方がいいのかもなと思わざるを得ませんでした。 本当に怖かったです。

肉体的疲労がいつの間にか精神疲労に取って代わられた一日でありました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ