運命の出会い
喪女の婚活

婚活でのザオラルとはメールなどで復縁を狙うこと|成功率は高いの?女性から送るとどうなる?

ザオラルメール

「ザオラルメール(LINE)」というのは、一度関係が終わった相手にメールを送り、あわよくば関係を修復しようとすることを指します。

やってみたいと思ったことがある、実際にやったことがある、また、誰かから送られてきた、という人も多いかもしれませんね。

婚活で使われることが多いですが、単純に別れたカップルなどで行われることもあります。

この記事では、ザオラルとはそもそもなんなのか、ザオラルメールはどういう心理で送られるのか、また、ブログ主が実際にやってみた経験から、心構えなど書きたいと思います。

この記事で分かること

  • ザオラルという言葉の語源、意味
  • 成功率って高いの?低いの?
  • ザオラルメールしたくなる心理
  • もう一度復活…は難しいと考えよう
  • 関係復活以外にできること

婚活のザオラルとはどういう意味?語源と使い方

ザオラルってどういう意味なんだろう? とピンとこない人も多いかと思います。

元々の意味を知っていれば、なんとなくイメージできる言葉ではありますが、知らない人も多いはず。

実は、この「ザオラル」というのはゲームから来ているのです。

ザオラルメール(ザオラルライン)の語源はゲーム「ドラゴンクエスト」

ザオラルとは
ゲーム「ドラゴンクエスト」に出てくる呪文で、死んだ仲間を生き返らせるもの。
ただし、確実に生き返るわけではなく、生き返る可能性もあるという呪文。

ザオラルメール=関係を復活させたいときに送るメール

つまり婚活においてのザオラルメールとは、一度やりとりが終わった相手にもう一度メールを送って、あわよくばやり直せないかどうか探るものです

ザオラルメールの成功率は高いの?

このザオラルメールですが、大体の女性は、男性から送られてきて

婚活女性
婚活女性
はぁ? 何言ってんじゃコイツ

と思って無視することが多いのではないでしょうか。

そんな感じで、もし送ったとしても多くの場合、無視されて終わることが多いです。

理由は、まぁ、以前関係が終わった時点で何かしら不満があるわけですし、片方がそれを乗り越えてまたやり直したいなぁなどと思ったとしても、相手はその不満がまだ現役なわけですからね。

当然のことなのです。

ザオラルしたくなったとき

それでもザオラルしたくなった! というあなたへ、二つ覚悟した上でやってみてください。

上で言ったことの繰り返しではありますが、自分なら大丈夫!いける!と思わず、しっかり覚悟してください。

気持ち悪い、うざいと思われることは覚悟

男から女でも、女から男でも、一度不満があって連絡を取らなくなった相手からの連絡は基本的に「気持ち悪いと思われる」と思っていてください。

また、一回ダメだったのに連絡が来るのは「他を探したけどダメだったから、自分で妥協しようと思ったのかな?」と思われるのはまず間違いないです。

そう思われたとしても、やってみたいのであればやってみましょう。

関係復活が難しいことも覚悟

壊れたものを直すのは、容易ではありません。

うまくいけば復縁できる可能性がないわけではありませんが、最初の状態よりはずっと難易度は高いです。

ダメだったとしても、落ち込まず、なんでだ!ふざけんな! と怒ることもなく、やっぱダメだったかぁ…であきらめられる自信があるならやってみましょう。

女性からのザオラルメール…送ってみた|ブログ主の体験談

なんかコイツ偉そうだな…。と感じましたか?

まぁ、偉そうに言いたくなるのはちょっと理由がありまして、実は私はやってみたことがあるんです。

そして、ザオラルからの成功…と言ってもいいのか、決して失敗ではない結果を得た人間だったりします(ブログ主は女です)

なので、ザオラルをしたい人にはちょっと参考になるんじゃないかなと思っていましてね。

ここからは、私の体験談になります。

興味があるようであればおつきあいください。

なぜザオラルメールを送りたくなる心理になるのか

お前はなんでザオラルしたんだよ。

という疑問にお答えしますね。

それは、婚活が長くなってくると、後に会う人より初期に会った人の方が良かったように思えてきたからです。

まぁ全ての人が同じ理由でザオラルしようと思うわけではないでしょうが、少なくとも私はそうでした。

詳しく書きます。

婚活でのザオラルはやはり失敗しやすい?私の顛末

私が婚活をはじめて最初に登録したヤフーパートナーで出会った男性。

その人とは、4回会いました。

その後婚活を続けていくことになるわけですが、4回も会ったのはその人だけでした。

あとは一回で終わり。二回会った人は…2、3人いたかな?

その最初に会った人は、私の大好きなドラクエのオーケストラコンサートに連れて行ってくれたりして、とてもいい人でした。

でも盛り上がりませんでした。

1ヶ月メールなしが続いて「こんなにメールなしでいられるってことは互いに気持ちがないってことなんでしょう」という話があって終わりになりました。

フェードアウトだけはやめてくださいって言ってあったので、ちゃんと終わりにする旨伝えてくれました。

いい人でした。 ぶっちゃけ、顔も好みでした。←

30代後半は出会いが確実に減る

婚活の場に戻った私は、もっといい人がいるよね~と楽観視していました。

でも、最初の人と4回会っている間に、私は35歳になっていました

35歳の壁です。

婚活女性がぶちあたる35歳の壁って?

35歳の壁とは
婚活サイトでは相手の年齢を入力して検索結果を絞ることができるが、男性は35歳未満を希望することが多いため、35歳を過ぎると男性側の検索結果に表示されなくなる。
そのため、女性は35歳を超えると婚活難易度が格段に上がると言われている

もうびっくりするくらい婚活サイトでの申し込みは激減。

婚活サイトを変えてみても、ご新規フィーバー(登録したての頃に申し込みが多い現象)も一切ありません。

少ない申し込みの中で返信していると、多分ろくに返信もらえてなかった人が「こいつよっぽどモテないんだな」と判断したようでバカにしてきたりして、婚活サイト内のやりとりだけで、不快な思いをすることが格段に増えました。

そんなとき、一番最初に会った人ともうちょっとがんばってれば良かったなぁ…などと魔が差しまして。 ザオラルを唱えたわけですよね。

まぁ復活しなかったですけど。

でもね。ザオラルも全然効果がなかったかというとそんなこともなくてね。

でもザオラルの効果があることもある

私にはぐメタさん(夫)を紹介してくれたミヤさんという人なんですが、婚活で出会って、一回フェードアウトで終わった後に、私からメールしてるんですよ。

そのときはちょっと男性に話を聞いてほしくて、ほどよい人がその人だったからなんですけどね。

結局、そのメールのおかげでミヤさんとの縁が繋がって、最終的に夫を紹介してもらうことができたわけで。

つまり、運が良ければ本当に生き返る(に値する何かがある)こともある、文字通りザオラルなんですよね~。

ミヤさんの話にリンク貼っておきます。

婚活失敗→こういう人は嫌だ→理想が上がる

婚活がうまくいかないと、婚活相手が○○だった→○○じゃない人がいい、ってなって段々とこういう人はダメっていう条件が増えていきませんか?

で、何度も○○じゃない人に会っていると、逆に「○○の方がまだ良かった」ってなってきたり。

そんな感じで私もザオラルしてしまったんですよね~。

まぁ、一度うまく行かなかった人とやり直すのは、かなり大変だと思いますが、最初は嫌だと思った何かを、本当にダメなのか見つめ直すにはいいのかなと思いますね。

相手にどうしても求めてしまっていた条件、本当に自分には必要なのか、必要ないとしたら今まで会った人はそれ抜きでもダメだったのか。

など、振り返ることで条件が変わっていくと、今まで見えなかった相手のいいところが見えてきたりもしますのでね。

そんな感じですから、どうか女性のみなさんあんまり男性からのザオラルを毛嫌いしないでやってくださいね。

ザオラルのテクニック:違う話題で送ってみる

で、ここからはちょっと役に立つかもしれない話ですが、私が使ったザオラルテクニックです。

さきほど書きましたが、ミヤさんに連絡を取ったとき

「ちょっと男性に話を聞いてほしくて、ほどよい人がその人だったから」

などと言いました。

これです。

  • 復縁したい気持ちはにおわせないこと
  • いいわけはむしろ自分を肯定するために使え

つまり、あわよくば復縁をと思っていても、他の話題を振ってみることで相手の反応を探り、自分でも「いや復縁したいなんて思ってないし?ちょっと相談したかっただけだし?」と自己暗示をかけます。

そうすると、もしダメでもダメージが少ないです。

何も盛り上がらなければすぐに引き下がる

注意してほしいのは、自己暗示が強すぎて

「ちょっと○○の話しただけなのに無視?こっちは別に変な気持ちないのに。何勘違いしてんだよw」

なんて気持ちにはならないでほしいってところですかね。

ザオラルをした自分も悪くなければ、相手も全く悪くありません。

返事がないのは、その話をする関係性ではないだけ。

変に引き下がらず、この人とは縁がなかったんだな…とあきらめてください。

友達になるという選択肢がある

もし、話に応じてもらえるようであれば、関係性を再構築することは可能かもしれません。

がんばってください。

ただ、私がおすすめしたいのは、必ずしもその相手とつきあうのを目指すのではなく、友達になるという選択肢を頭に入れておくことですかね。

つきあう気はなくても、話だけならできるくらいの関係でいくという選択肢、婚活中だと頭から排除している人も多いのですが、婚活仲間になってしまうという手も実はあります。

婚活情報に触れる機会も増えますし、結構視野が広がります。

もちろん、それも相手が嫌がるようならすぐにあきらめる、というのが条件ではありますが、ちょっと考えてみてください。

まとめ:ザオラルメールで関係復活は難しいけど、勇気を出してやってみるのも一つの手

まとめますと、こうなります。

  • ザオラルメールは関係を復活させたいときに送る
  • 成功率はかなり低いことは覚悟しよう
  • でもいいことがあることもある
  • つきあうことだけを考えず、友達になってみるという手もある

1度は気に入らなかった相手になんでコンタクトを取ろうとするのかと、気持ち悪いと感じる人も多いと思います。

でも何か事情があるかもしれないので話を聞いてみるのもいいかもしれないですね。

送ってみたいと思っている人は、成功する可能性は低いのでダメでもダメージを受けないように覚悟しつつ送ってみて下さい。

その人とつきあうわけでなくても何か道が開けることもある…かもしれません。

結婚相談所もおすすめ

婚活サイトなどでうまくいかないと感じている人は、結婚相談所を考えてもいいかもしれません。

ぶっちゃけ私は、まずネット上で知り合う婚活サイトは、簡単なようで一番難しいと考えています。

結婚相談所なら、遊び目的の人も少なく、アドバイザーもつくので、あれこれ遠回りするよりも確実に身元の確かな人と出会えます。

本気で結婚を目指すなら、登録おすすめです↓

それではまた!

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ にほんブログ村

ABOUT ME
マーージ
統合失調症で20代のほとんどを棒に振ったけど、なんとか幸せな結婚をして娘にも恵まれました。日常で遭遇する疑問や問題点を解決したらブログ記事にします。夫は「はぐメタさん」娘は「娘っちょ」2022年2月「スイーツコンシェルジュ」「薬膳インストラクター」「健康食アドバイザー」の資格を取りました。
モテなくても結婚はできる!