38歳で運命の出会い
高齢喪女からの逆転
統合失調症を克服して社会復帰し、婚活を経て最高の夫と結婚した女のブログ
40代夫婦の日常

子供を育てる自信は誰にもない 生まれてようやく覚悟が出来るもの

12月末の話になりますが、友達の家に遊びに行きました。

育休中の友達

友達は、8月に子供を産んだばかりで、今は育休中。

大分気が滅入っているみたいだったので、少しでも気分転換になればいいなと思いつつ行ってきました。

この友達とは、知り合ったのは7年前くらいになるでしょうか。大人になるとなかなか新しい友達は出来ないものですが、ちょっとした縁がきっかけで、とても仲良くなりました。

同い年で当時は互いに独身で、結婚できないことを心底悩んでいたという共通点がありました。婚活の悩みを話し合ったりもしていましたね。

そんな彼女も、私が結婚した一ヶ月後くらいに結婚したと連絡がありました。

子供への苦手感がなくなった

結婚とほぼ同時期に妊娠したので、なかなか会う機会がなく、先日は1年以上ぶりに会ってきましたが、お母さんになってる姿がすごく嬉しかったですね。

子供ほしいともずっと言っていたしね。

子供はめちゃくちゃかわいくて、私は延々だっこさせてもらってました。

私は子供が苦手な方だったんですが、多分、自分の子供がほしいと思ってから意識が変わったようで、苦手意識はいつの間にか消えてなくなっていました。

不思議ですよね。人間って意識の持ちようで本当に変わるんですよね。

私ももう少し自信を持って子供ほしいと思えるようになりそうな出来事でした。

ある人の助言

そういえば以前、私はある人に「子供を持つ自信がない。私に育てられるとは思えない」という話をしたとき、その人はこう言いました。

「自信なんて誰にもない。生まれてからようやく覚悟ができるもの。その時点でも自信はないし、俺は今もない」

と。

確かに、以前は苦手だった子供に、「子供ほしい」と思った後に触れたときに、苦手感がなくなっていたけれど、これがもし、自分に子供が生まれたという大きな出来事があったならば、もっと大きく意識の変化があるのかもしれないなと思いました。

私の人生、大事なときに大事な助言をくれる人がいるなぁ。

ところで冒頭の友達なんですが、実際子育てで大分気が滅入っていたみたいで、今度旦那に子供預けて食事でも行きたいというので、一緒に行くことにしましたよ。

そういう機会も必要だよね。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ にほんブログ村